WFER 2018, Mexico

WFER 2018, Mexico
メキシコで開催された世界エネルギー規制機関会議での、イギリス・アメリカ・メキシコの規制委員会委員長とのパネルディスカッションで

2011/08/17

原子力発電の費用と便益


原発は費用と便益の両面で、他の電源より国益にかなうといわれてきた。 まず原発の施設建設には多額の費用がかかるが運営コストが他の電源に比べて極めて安いため、総費用では安い電源だといわれてきた。さらに 「原発はCO2を排出しないから、地球温暖化対策の切り札だ」とも言われてきた。


しかし、原発が安いというのは一定の前提に基づいている。さらに、地球温暖化対策として、 原発などの特定の電源に特定の補助を与えることは最も有効な手段ではない。本稿では、これらの事実を明らかにし、 今後の原発のあり方について提案を行う。


記事全文は以下よりご覧いただけます↓

0 件のコメント:

コメントを投稿